BDAstyle

ビジネスデータ分析ツールの作成 with Excel

パレート図ジェネレータ on Web(β)

Excelではちょっとばかり面倒なパレート図(QC向けのストリクトな形式)を描くためのサービスです。JavaScriptおよびそのライブラリD3.js(ver.3.0)によりクライアント側で動作します。


利用のしかた

Step 0

Step 1のフォームに項目名と値を分けて入力します。このとき,両者が対応するかたち,かつ,(「その他」を除く)値が降順になっている必要があります。

初期値は別頁「パレート図の作成(QC版) with Excel」で使用した検証用のデータです。これを消去した上でデータを直接入力するか,Excelからデータをコピペするかして実行してください。

仕様

免責および特記事項

データの指定と実行

Step 1

項目名




処理結果

[文書への挿し込みかた]方法1:スクリーンショットによるキャプチャ

Method 1スクショ

このグラフを他文書で使うにあたり,スクショは最も手軽な方法となります。

とりわけwindows環境に限っての説明を加えると,生成したパレート図を画面内に収めた状態から標準アプリの「Snipping Tool」を使って,パレート図のみを切り抜くのがbetterかと思います。

この場合,切り抜いたパレート図をワードやパワポなどにコピペするか,あるいはpng形式などでいったん保存してから挿入するか,いずれかを選択して利用することとなります。

[文書への挿し込みかた]方法2:SVGファイルの作成

Method 2SVG

MS Officeファミリにおいては,バージョン2016よりsvg画像を扱うことが可能になりました。ベクタ形式のこの画像を上手に使えば,“にじんだり” “かすんだり” といったゲンナリを過去のものにすることができます。……ゆえに見た目に映えるかどうかをまったく気にしないのでなければ,筆者としてはこちらの方を強くオススメしたいところです。

この場合,先に生成したパレート図の(1)直下に吐き出されるコードのみをすべて選択(2)クリップボードにコピー(3)任意のテキストエディタ(windows環境に限れば,たとえば標準アプリの「メモ帳」など)に貼り付けた後……

……(4)任意の名前に拡張子「.svg」を加え,文字コードを「UTF-8」として先のコードを任意の場所に保存します。

以上の手順で作成したsvgファイルは,通常の画像と同様の操作で文書に挿入して利用することが叶います。

また,この画像がコードによって生成されていることに鑑みれば,(svgに関する)若干の知識さえあったときには,下図のような任意のアレンジも比較的簡単に施すこともできます。……この点については後に説明を拡げるかもしれません。

その他の参照