BDAstyle

ビジネスデータ分析ツールの作成 with Excel

RFM分析[顧客購買履歴(利用実績)] with Excel 2/3

2.顧客の振り分け

たとえば,顧客の「c0096」さんは「2-2-1」セグメント…といったように,前頁で作成したRFM分析表は,対象とした顧客ひとりひとりが27のセグメントのうちのいずれに属しているかを教えてくれます。しかし分析の観点からは,ときにすべてのデータを一覧するより,セグメントをキーにIDをまとめた方が使い勝手が良い場合もあるかと思います。

ここからは,先のRFM分析表をセグメントというくくりで細分化していきます(データの振り分け)。それにより,セグメントの偏りから既存顧客の行動的な特性を探るなり,各セグメントの特性に鑑みた顧客へのアプローチ法を検討するなり,統合・細分両面において施策を支援する目的で分析結果を利用できます。

データの振り分けの具体的な方法については,次の2つを挙げたいと思います。もちろん,ここで紹介する方法以外にも,ピボットテーブルを使用するなど工夫次第で他のやり方でも可能です。

方法1 オートフィルタによる方法

Step 1データ領域の指定

「RFM分析表」のデータ領域の任意のセルを選択します。

Step 2フィルタの設定(1)

データタブ「並べ替えとフィルタ」グループのフィルタボタンをクリックします。

Step 3フィルタの設定(2)

オートフィルタが設定されました。次にオートフィルタを使って,例としてR得点が3,F得点が3,Z得点が3の条件を満たすセグメントを抽出してみます。

Step 4セグメントの抽出(1)

見出し「R」のセルにあるをクリックします。

抽出の条件を下図のように設定します(「1」および「2」に付いているチェックを外します)。

設定後OKボタンをクリックします。

Step 5セグメントの抽出(2)

列「F」「M」の設定についても同様におこないます(Step 4の操作を繰り返します)。

Step 6特定セグメントの抽出完了

R得点が3,F得点が3,Z得点が3の条件を満たすセグメントが抽出されました。このセグメントに該当する顧客は,下のようなIDをもつ6人であることがわかります。

この方法では,必要に応じてフィルタの抽出条件を変えながら,順次他のセグメントも抽出していきます。

Next

次頁は,マクロを利用した振り分けです。

その他の参照